利点を最大限に生かそう|心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要

心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要

利点を最大限に生かそう

ナース

国家試験の合格率は高い

看護師の国家資格を取得するために専門学校か大学か悩んでいる人が少なからずおられます。専門学校であっても大学であっても、概ね9割前後であって、国家試験の合格率は、それほど変わりません。むしろ、全員合格する専門学校も少なからずあります。また、合格率は、公表されていることが多いので、自分が志望する専門学校の実績を調べることで、一定の専門学校を選択する基準になるに違いがありません。看護師の免許を取得するためには、専門学校であっても遜色がないので、実績のある専門学校であれば、安心して入学できると考えてよいです。要は、いかに日頃の授業をきちんと聞いて、知識の量を増やすかが課題であって、合格率が9割前後であるので、学校による差異はあまりないと考えられます。

特徴・利点を把握しよう

十数年前まで、専門学校や短大が看護学校の養成機関が一般的でした。しかし、看護師不足や看護に対するニーズの高まりなどから、大学の医学部看護学科の設置が進められてきました。看護師の養成機関として、大学が増えてきているのは、事実です。このような状況において、利点はどこにあるのでしょうか。まず、大学は4年で、専門学校は3年であることです。大学での一般教養を学ばない代わりに1年早く看護師の免許を取得することができます。これは、大きな利点です。また、3年間で国家試験の受験資格を得る単位を履修できるので、国公立大学であっても授業料が安い専門学校は少なくありません。確かに大学卒後に大学院に進むことなどに制限がある場合がありますが、単に看護師の免許を取得する目的であれば、これもなんら遜色がありません。

Copyright © 2016 心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要 All Rights Reserved.