歯科医療に欠かせない仕事|心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要

心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要

歯科医療に欠かせない仕事

歯科医

義歯製作のスペシャリスト

歯科技工士は、歯科治療に用いる義歯や補綴物の製作を行う専門職です。その資格は業務独占資格となっており、歯科医師または歯科技工士の資格のない者が業として行うことは禁止されています。義歯には部分入れ歯や総入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。また補綴物は一般に被せ物と言われている治療材料で、治療のために削った歯の一部を補完する目的で使用する物です。歯科技工士は、これらの製品を歯科医師の指示に基づいて患者1人1人に適合するよう製作します。非常に繊細な工芸技術が必要とされる仕事です。また最近では機能面だけでなく外見の美しさにもこだわる患者が増加しているため、美的センスも問われるようになっています。

独立開業の途も開ける

歯科技工士は厚生労働省認定の国家資格となっており、専門の養成機関で学んだ後に国家試験に合格することで得られます。養成機関は大学・短大・専門学校で、2016年現在で全国に50校あまり存在します。短大及び専門学校は大半が2年制となっていますが、一部3年制のところもあります。3年制ないし4年制の夜間部を設けている専門学校も数校あります。歯科技工士の就職先として最も多いのは、歯科技工所と呼ばれる製作会社です。経験を積めば自ら開設することも可能なため、独立開業を目指せる途として人気があります。また、歯科技工部門を持つ歯科医院や大学病院の歯科に就職するケースもあります。こうした職場では、患者と直接やり取りをしながら製品の調整を行うこともあります。

Copyright © 2016 心を回復させてくれる心理カウンセラーになるには資格が必要 All Rights Reserved.